ページ内を移動するためのリンクです。

四万十川ウルトラマラソン(100キロ)の抽選倍率は2.95倍

素晴らしい景観の中を走る人気レース

近年、ウルトラマラソンの人気は高まっていますが四万十川ウルトラマラソンは以前から抽選倍率が高く完走することよりスタートラインに立つことの方が難しいと言われている人気レースです。

同じく人気レースのサロマ湖100キロウルトラマラソンはフラットな高速コースですが、四万十川ウルトラマラソンは前半に600m以上の標高差をクリアしなければならないハードなウルトラマラソンです。しかしそんな厳しいコースも自然豊かな最後の清流「四万十川」に出会え、コース途中では四万十名物「沈下橋」で四万十川の流れを間近に感じ、雄大な自然を堪能しながら走ることで多くのウルトラランナーを魅了しています。

今年の応募者数は6585人(100キロの部 4863人 60キロの部 1722人)に上り3年連続で過去最多を記録したこと、そして今回は20回大会であり人気も拡大していることから、実行委は出場定員を10%(200人)増やして2200人とすることを決定したという。

100キロの部は当初定員の1500人を1650人に増やしたが倍率は2.95倍。60キロの部は当初定員500人を550人に増やしたが倍率は3.13倍となったという。フルマラソンであれば東京マラソンのように抽選倍率が10倍を超えるレースもあるがフルマラソンの2.37倍の距離を走る100キロマラソンでこの抽選倍率は驚きです。

四万十川ウルトラマラソン

  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ