ページ内を移動するためのリンクです。

【ランニングクラブ紹介】リスタート<中>

リスタート<上>を読む


リスタートの練習会について

クラブを立ち上げた時から二人が気を付けていることがある。リスタート4-2.jpg
リスタートの指導陣には実業団で素晴らしい実績をあげたコーチから、市民ランナーのことをよく分かっているサポートスタッフまで幅広い人材が揃っている。世界で戦ってきたトップアスリートには、実績と経験があり独自の理論を持っている。ベースになるランニング理論は大きく変わることはないが、伝え方によっては正反対のことに感じることもある。

会員を混乱させたくないと考えた石川は、指導方法が偏らないようにスタッフミーティングを定期的に開催し、意見や感覚を合わせるよう心掛けているのだ。世界で戦ってきたトップアスリートのプライドよりも、会員の立場に立ったこの取り組みからも、石川と片岡の「会員のためにリスタートランニングクラブがあり、自分たちがいる」という信念が感じられる。

また、練習会に参加して感じたのは、二人は可能な限り会員とコミュニケーションをとっているということである。なぜなら、会員が参加する次の大会や目標、現在の走力、状態などしっかり把握し、的確なアドバイスができるようにするためだ。特に、疲労から調子が落ちている会員には、練習するグループを下げるよう指示している。これは会員に無理はさせたくないという方針からきている。故障しないで継続するのがレベルアップの一番の近道であるが、これは石川と片岡の過去の悔しさがそうさせているのだ。


リスタート9.jpgのサムネイル画像会員が故障しないよう細心の注意を払っていると感じたのは、練習会の流れである。私が参加した火曜日の織田フィールド(東京都・代々木公園)での練習会は、90分の練習のうち、ジョグや体操、動き作りなどで40分使っているのである。それから本練習を行うが、30分程度で終わる。その後クールダウンやストレッチ等を行い、練習は終了する。物足りないと感じる人もいるかもしれないが、これも故障させたくないという信念からである。
ただ、しっかりジョグで身体を暖め、動き作りをしてからスピード練習に入るので非常に走りやすく気持ちよく走れた。

また、リスタートは他のランニングクラブと違う取り組みを行っている。毎週土曜日の練習会は、なんと同じ時間に3カ所で開催しているのである。3カ所とは、織田フィールド・代々木公園などの都内中心部、越谷・川口などの埼玉地区、そして小山内裏公園などの東京都多摩地区であり、会員はどこに参加しても良いのである。

これは、できるだけ練習機会を設けたいという気持ちからである。3カ所の練習会は、時間を合わせるとともに練習内容もほぼ合わせているというが、これは指導者が揃っているからこそできることなのだ。


   リスタート7-2.jpg  リスタート10-1.jpg

< 【下】へつづく >


 ★ランニングタウンでは、全国のランニングクラブやチームを紹介していきます。
 
紹介して欲しいクラブやチームの方は、ランニングタウン事務局宛(contact@runningtown.jp)へご連絡ください。
 
ランナーサポート情報の「ランニングクラブ」にリストアップしていきます。

  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ