ページ内を移動するためのリンクです。

【輝く女性ランナー】VOL.8 楠瀬祐子さん⑲

 < 最終話 >

楠瀬祐子<第18話>を読む


いよいよ最終話となりました。
大阪国際女子マラソンや名古屋ウイメンズマラソン(エリート)を目指す女性だけではなく、サブスリーを目指している男性にとっても、楠瀬のチャレンジは刺激になったと思います。また、ウルトラマラソンや富士登山競走に関心を持ったランナーも少なからずいるのではないでしょうか?

私自身、楠瀬の富士登山競走に向けての練習は大きな刺激になりました。エントリーが非常に難しい五合目コースを走ってからでないと山頂コースの参加資格が得られないため、いつになるか分からないが、私もチャレンジしようという気持ちになりました。まずは今年山頂まで登ってみようと思います。

多くの読者の方はランニングを始める前には自分がフルマラソンを完走楠瀬さんレース1.jpg
するなんて想像もできなかったと思いますが、実際は多くの方がフルマラソンを完走し、フルマラソンどころかウルトラマラソンまで完走している人もいるのです。今ではサブスリーレベルの楠瀬も同じです。楠瀬がランニングを始めた5年前には、整体院での鍼治療や、ジムで加圧トレーニングをするほどランニングに打ち込んでる自分は想像できなかったことでしょう。誰しも自分の想像を超えて変わっていけるのです。

楠瀬に、ランニングを始めたことで何が変わったかを聞いたところこう答えた。

「ランニングを始める前は、タバコを吸っており、特に禁煙しようとも思っていませんでした。それがランニングに一生懸命になった頃に、タバコは走りに影響が出ると言われてスパッと止めました。今では臭いも大嫌いです。また朝が苦手な私は休日はお昼過ぎまでグダグダ過ごしていましたが、今では仕事の日より早起きして1日を有効に使うようになりました。それから、走り始める前はお弁当1個を食べきれないくらい少食だったのが、今ではお弁当を2個くらい平気で食べられるようになりました。ランナー友達は良く食べ、良く飲む人が多いので、たくさん食べることが普通になったのかもしれませんね。

ただ、一番変わった嬉しいことはランナー仲間が、さらに仲間を連れてと、どんどん輪が広がっていることです。どのチームにも属していない私としては、様々な経験をしてきた周りの人たちの経験談や助言や応援はとても貴重です。また大好きなラン仲間と、大好きなお酒を飲みながら、大好きな走りの話をしているときは本当に幸せです。」

最後に、楠瀬にこれからの目標を話してもらった。

レース19_1.jpg「目指すは走りのオールラウンダー!です。私、すっごく欲張りさんなんです。短い距離も長い距離も速くなりたいです。

まずは今年こそグランドスラムを達成します。サブスリーへのチャレンジは秋になりますが、自信を持ってレースに挑めるよう準備をします。トレイルランも大好きなので、いつかはウルトラトレイルにも出てみたいです。しかし、当面は得意なウルトラマラソンを極めたいと思っています。

また今まではひたすら自己ベストの更新を追って来ましたが、これからは順位を意識してトップ争いの駆け引きがあるような張り詰めた緊張感を持ったレースもしてみたいです。そう思い始めたのは、72キロ辺りまではトップを走っていたのに、蓄積疲労と調整不足のためにそこから落ちてドンドン抜かされてしまった2014年の野辺山ウルトラマラソンからです。レース翌日に行った内田治療院のヒロ先生に、周りを見て駆け引きするレースができるレベルにあるのに、思いのままに走るばかりではもったいないと言われ、意識するようになりました。今年の野辺山はしっかり調整して優勝を狙います。

今回、これまでお世話になってきた方々に感謝の気持ちや私の成長を伝えたくて、また私のことを知らないランナーの方にも少しでも参考にしてもらえるといいなと思って、この連載を引き受けました。インタビューを受けていろいろ思い返しているうちに、思っていた以上にたくさんの方々に支えてもらってきたことに気付くことができました。

これからも、もっともっと多くのランナーと知り合って、走りの楽しさ、苦しさを共有していきたいです。私は真夏はもちろんのこと、真冬の織田フィールドや駒沢公園でも、たいていノースリーブ&短パン姿で練習しています。ぜひぜひお気軽にお声掛けください♪」

そう楠瀬はいつもの愛嬌のある笑顔で締めくくった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本連載中にサブスリーの報告はできなかったが、近い将来、楠瀬がサブスリーを達成した様子をお届けできることを楽しみにしています。また、今年の4月からチャレンジ富士五湖ウルトラマラソン(100キロ)、野辺山ウルトラマラソン(100キロ)、奥武蔵ウルトラマラソン(78キロ)、サロマ湖100キロウルトラマラソンと連戦するので懸命に走っている楠瀬をどうぞ応援してください。そして、来月のチャレンジ富士五湖ウルトラマラソンは9時間以内を狙って走っているでしょうから、脚に自信のあるウルトラランナーは勝負を挑んでください!!私自身、楠瀬との100キロ三本勝負を楽しみにしています。

ランニングタウンでは楠瀬の活躍を今後も応援しています。

ランニング8_2.jpg

(敬称略)
(インタビュー:RUNNINGTOWNスタッフ)

< おわり >

  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ