ページ内を移動するためのリンクです。

【輝く女性ランナー】VOL.3 有間由佳さん⑬

< 最終話 > ランニングと私の人生

有間由佳<第十二話>を読む



長い連載もいよいよ最終号となります。

最後は、有間由佳(敬称略)に将来の夢について話してもらった。有間さん-15.jpg
有間の一番の夢を聞いて少し驚いたが、その夢を語る彼女の優しいほんわかした笑顔を見たら天職かもしれないと思った。

「近々、パン屋で働こうと思っています。美味しいパンを作れるようになったら、晩年夫と小さなお店を開いて、お休みの時は山に行ってキャンプをしたり、日本や世界の国々をめぐりたいです。」

ほんわかした彼女の笑顔が少し引き締まり、こう続けた。

「またいつか24時間走や、100kmレース、トレランも挑戦したいです。今はそんなにやる気はありませんが(笑)。けれど、走ることは何歳になってもできる素晴らしいことなので、またいつかその気持ちになればいいなと思います。」

そして、

「今は、何より実業団の後輩たちが活躍しているのがすごく嬉しいです。沢山の困難が立ちはだかり、時に涙を流し苦しんだ表情が、今再び満面の笑みを見ることができました。先日、西日本駅伝で優勝したと聞き、夫婦で盛り上がって走りに行ったり(笑)。故障していた後輩がいつか走れればいいな~と、思い出しては走りに行ったりします。

有間さん&吉田さん-2.jpgいつも、走ることはもういいかなと思うんです(笑)。他のことに興味をもって夢中になると、何ヶ月、何年と走ることから離れたことも多々あります。けれど、新しく頑張っている場所でもランナーの仲間が会いに来てくれたり、声をかけてくれたり。いつも走ることを忘れた時にやってきてくれて、ランナーは本当に熱いな~って思います(笑)。私はいつも、後輩たちやランナー仲間から刺激をもらい走る世界に戻ってくる人生です。

走ることで色んな縁があり、素敵な人にも沢山出会うことができました。そして、色々な経験もできました。苦しかったことも、挫折したことも、楽しかったことも、最高な気分を味わったことも、全てが今の私を作ってくれています。人生において意味の無いことはひとつもないと思っています。そして今の私がある。出会ったすべての縁に心から感謝しています。これからの人生も、出産や育児、色々とあると思いますが、その時々で走ることを楽しみながら生きていきたいです。」

最後に、日頃気をつけていることを話してもらった。

「【大切にしている人に伝えたいこと】は後回しにしてはいけないと思っています。
自分を可愛がってくれていた祖母が入院した時に、忙しい、明日電話するなど理由をつけて後回しにしていたら、会う前に亡くなってしまい自分を責めました。『そのうち』とか『あとで』と思っているうちに大事な人に会えなくなったり、伝えたいことを伝えられなくなったり、大切なものを失ってしまいます。大事なことや感謝の気持ちはすぐに伝えるようにしています。特に一番身近な人、次また会えると思っている友人こそ思いは恥ずかしがらず伝えています。」

と彼女は少し悲しそうな表情になった。そして、

「長いと思っている人生もいつ終わるか分かりません。【やりたいこと、やるべきこと】はすぐにやります。やらない後悔ほどもったいないことはありません。」

と力強く語って締めくくった。

有間さん-10.jpg有間さん-14-1.jpg有間さん-20-1.jpg









< おわり >


【ハセツネ特別編】公開!

 有間さんにハセツネ時の区間タイムと補給計画について教えていただきました。
 特別編にてご紹介しています!

  ◎ 有間由佳さん<ハセツネ特別編・前編> 区間タイムについて
  ◎ 有間由佳さん<ハセツネ特別編・後編> 補給計画について

  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ