ページ内を移動するためのリンクです。

【ウルトラランナー】VOL.2 大島康寿さん⑦

 < 第7話 >

大島康寿<第6話>を読む


大島が高校3年生の時、その後箱根駅伝や実業団で活躍した西田隆維さんが入部した大島さん9-1.jpg
佐野日大高校は全国高校駅伝出場を果たした。大島も10名の駅伝登録選手に名を連ねることができたが、最終メンバー7名には入れず都大路を走ることはできなかった。

故障に悩まされたことからチームの中心選手にはなれなかったが、大島はある可能性に気付いていたという。
「練習で30000mをやった時のことですが、自分より速いメンバーもほとんどできなかったのに私はできました。3人しかできなかったうちの1人に入れた時に、長い距離に適性があると思いました。また、トラックを75周するので精神的に辛いと話す部員が多かったが、自分はまったく苦になりませんでした。その頃から同じ場所をぐるぐる走るのは得意だったようです。」

そして、故障がなければもっといけると思った大島は大学で陸上を続けようと、上武大学のセレクションを受け合格したのだ。
上武大学に進んだ大島は、大学の練習が高校時代と比べて楽すぎて驚いたという。そのため、高校時代にあれほど悩まされてきた故障をしなくなったのだ。故障をしなくなったことで大島は走ることが楽しくなってきたという。彼はこう振り返った。

「高校時代はやらされ感が強すぎて、楽しいと思ったことは一度もなかった。またチーム内の競争も激しく、故障しそうな状態であっても練習を続けたことでいつも故障していました。大学に入って自分で練習メニューを考えて、体の状態も把握しながら練習をしたので故障しなくなり、タイムも伸びてきたので楽しかったです。」

現在では箱根駅伝の常連校になった上武大学も、大島の在学中はまだ陸上には力をいれていない時代であり箱根駅伝は遠い存在であった。チームで2、3番手の主力メンバーであった大島は、4年間箱根駅伝予選会(20km)を走ったが、ベストタイムは1時間05分30秒ほどであったという。当時はまあまあのレベルであったが、レベルの上がった現在では話にならないタイムだと大島は語った。大学時代に目立った記録を出すことができなかった大島は、大学で陸上競技を引退し一般企業に就職した。その時の気持ちを大島はこう語った。

大島さん15.jpg「陸上競技を止めることへの寂しさはありましたが、高校時代故障に悩まされ続け、楽しいと思ったことがなかった陸上競技が、大学になり故障の悩みがなく気持ち良く走れることで本当に楽しいと思えた。もっと続けたい気持ちはあったが、現実的に実業団で走ることができるような実績は残せなかったのだから仕方がなかった。」

社会人となった大島は覚えることがたくさんあり、とても走る時間は捻出できなかった。ただ上武大学のある群馬県で開催される群馬県民マラソンに出るために、大会1ヶ月前から練習を開始するという生活を2年間送った。その頃になると、もう陸上を一生懸命することはないと大島自身思っていたという。

< 第8話へつづく >

  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ