ページ内を移動するためのリンクです。

【輝く女性ランナー】VOL.3 有間由佳さん④

 < 第四話 >

有間由佳<第三話>を読む


大学時代

大学では栄養士を目指すつもりだったので、そのまま中村学園大学に進学しようと思っていた有間(敬称略)だったが、あるとき陸上部が強い福岡大学の推薦枠があることを知った。

走ることが好きだったので、推薦をもらい試験を受けてみることに有間-1.jpgした。試験は、面接や小論文はあるが最も重視されるのは実技試験であった。有間は、実技試験の3000mを約10分30秒で走り、普通は不合格となるタイムであったのだが、たまたま長距離の志望者が少なかったので合格出来たという。

高校時代は、服装や髪型などの身だしなみや礼儀作法に厳しく、そのうえ女子高であったので、陸上部の練習に一生懸命だった有間は男性と話す機会がなかった。高校三年間で話した男性は、お父さんと学校の先生だけだったそうだ。

そんな有間が大学構内に入ったところ、周りに男性がたくさんいるという高校時代には考えられない環境に酷く緊張したという。陸上部にも男性はたくさんいたので、最初は緊張から上手く話が出来なかったが、次第に慣れてきて楽しい大学生活を送った。もちろん好きな陸上に打ち込み、練習は一生懸命していたが、それ以外にもファミレスや居酒屋などでのアルバイトを通して、色々な大人と接することで別世界に触れ人間的にも成長することができた。

競技面では、九州インカレ(学生選手権)には出場することができたのだが、全日本インカレには出場できず目立った選手ではなかった。

そんな有間に、再び転機が訪れた。大学四年の時に、たまたま近所で九電工に入った大学の先輩と会ったのである。そして、先輩に進路を聞かれ、「決まってない」と答えると九電工のテストを受けるよう誘われた。

当時の3000mベストタイムは10分10秒くらい。実業団に入れるレベルではなかったが、たまたまその年は選手の採用ができていなかったようである。

有間-2.jpg合宿に参加して入部テストは3000m、合格基準は最低でも10分を切ることであった。有間はランニングコーチに引っ張ってもらって一生懸命走ったのだが、結果は10分10秒。このタイムは由佳さんの自己ベストタイムであったが、監督からは話にならないと言われた。
そして、監督から「400mを3本走ってみてください」と言われ、それを走って有間の入部試験は終わった。

有間は、10分切らないと話にならないと言われていたのに10分10秒だったのだから不合格だと思っていた。ただ、自分の力は出し切ったのだからと納得はしていた。

卒業後はどうしようかと考え始めた頃に、思いもよらない返事が来たという・・・


< 第五話へつづく >

  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ