ページ内を移動するためのリンクです。

<マラソンランナー赤羽有紀子のその後(上)>

  『 元五輪選手の母親の顔 』


   2014年1月26日の大阪国際女子マラソン出場を最後に 現役を引退した 赤羽有紀子(現:ホクレン
   スポーツアンバサダー)が、マラソン大会のゲストランナーとして、故郷である栃木県のレースに出場した。

   出場した大会は、栃木県真岡市で行われた「真岡井頭マラソン」。親子①.jpg
   彼女が高校時代を過ごした思い出深い場所だ。
   ただ、今回
は、ねんりんピックを兼ねた大会となっており、
   正しくは、「ねんりんピック栃木2014」のゲストランナーと聞かされた。

   現役時代と変わらぬ細っそりとした体型で、彼女は大会会場に現れた。
   「選手に戻りました!」と言われたら、誰でも信じそうなくらいだ。けっこう
   走っているのだろうなと思って、「今でも走っているのですか?」と訊くと、
   「ほとんど走っていませんよ。今日も10キロ完走できるかな・・・。
   45分では走りたいと思っているんですけど・・」
   なんて不安を笑顔で口にする彼女。

   現役時代に見せていた「自信に満ちた頼もしい姿」とのギャップには、
   こちらが戸惑うくらいに控えめだ。

   メイン種目の10キロの前に、親子の部2キロに出場するという彼女は、
   娘さんを連れてきていた。「親に似たのか、負けず嫌いなんです(笑)。
   今日も張り切ってるんですよ。しっかりサポートしてあげないと」と。

   現役時代は、競技中心の生活が強いられ、長期の遠征も多く、家にいないことのほうが多かった。
   「今は、子供と触れ合う時間ができたのが嬉しくて」と話す顔は、お母さんのそれだ。

   夫の周平さんは、4月から豊田自動織機・女子陸上競技部の親子②.jpgヘッドコーチに就任し、
   単身赴任で愛知県に出向いている。ほとんど会っていないという。子育てを一手に
   担うことになったが、まったく意に介していない様子で、「子供と一緒にいられな
   かった『かけがえのない時間』という負債を、今は少しでも返したいんです」
   と言い残し、嬉しそうに親子の部のスタートに向かった。

   しっかりと手を握りながらスタートを待ち、手を繋いでゴールする。
   (親子の部は、二人が手をつないでゴールすることがルールである)
   年齢も身長もかけ離れた親子が、呼吸を合わせて1秒でも早くゴールを
   目指す姿(シーン)は、素晴らしい光景だ。

   お母さん(赤羽)から伝えられるのは、母親の温もりだけではないだろう。
   アスリートとしての『何か』を、手を介して伝えているように見えたのは、
   私だけであろうか。

続く>> マラソンランナー赤羽有紀子のその後(下)>


  • あなたのRUNの前に。ランニング時のコンディションをサポート 持久系アミノ酸BCAA配合【Amino-Value】大塚製薬の公式通販『オオツカ・プラスワン』 通販限定商品も!ご購入コチラ